「化学装置」2004 8月号(工業調査会)

<特集>水環境技術の課題と対策

―液体清澄化と排水処理の最新技術―

 

 

吸着樹脂を用いたフッ素・ホウ素・ヒ素除去

 

   新日本ソルト株式会社     四元利夫

 

要  旨


現在、砒素は0.01mg/l、フッ素は0.8mg/l、ホウ素は1.0mg/lの環境基準が設定されており、この10倍を目安に水質汚濁防止法の排水基準が定められている。平成14年度に水質汚濁防止法に基づいて実施した全国の地下水の水質測定結果によると、調査対象井戸(5,269本)の6.7%で環境基準を超過する項目が見られ、砒素は1.5%、フッ素は0.4%、ホウ素は0.1%の超過率となっている。このように国内において少なからず有害無機イオンによる汚染が存在している。これらの対応が問題となる中、高度処理技術の1つとして、吸着法による処理が注目されている。

全文表示 300KB(画質 粗)    ダウンロード1,524KB(画質やや良)




Liquid Filtration and Purification Industry